2012-03-13

哲学者 鷲田小彌太(わしだ こやた)の言葉


哲学者 鷲田小彌太(わしだ こやた)の言葉





合っているかどうか、

やってみるまでわからない。














金をののしるなら、

金なしで生きてみればいい。
















道楽が過ぎて職業になり、

職業が過ぎて道楽になる。







2012-03-08

すごいエロ盆栽


2012-02-19

インドの『モンキーマン』



インドで駅に住み着く困った猿を追っ払うために
出来た職業『モンキーマン』
インドでお猿は神聖な生き物なので荒っぽいマネできないず
こんなんに落ち着いたそう。
ちなみに日給は600円だそうです。



2012-01-26

イタリアミラノで見つけたかわいい?落書き!!


イタリア フィレンツェで見つけたかわいい落書き。に続きまして、ミラノの落書き。








中でもこれがお気に入り!!!








社会主義なグラフィックも多かった。汚されかたとかかっこいい。


























このモザイクも好き!!!!






2012-01-24

イタリア フィレンツェで見つけたかわいい落書き。

イタリア フィレンツェで見つけたかわいい落書き。

特に看板!!!!





人が棒を持っています。









鳥が開放され、羽ばたいています。







天使になっています。







文字のような人のような







落書きと言っていいのか・・・・。



次回は
フィレンツェ建物・街並みフォト

ミラノの落書き版です。






2012-01-07

ピーター・ドラッガーが95歳で死ぬ前に書いたとされる詩。


ピーター・ドラッガーが95歳で死ぬ前に書いたとされる詩。

まっ、正直どっちでもいい。自分が感動したのはこの詩なのだから。


もう一度人生をやり直せるなら・・・・
今度はもっと間違いをおかそう。
もっとくつろぎ、もっと肩の力を抜こう。
絶対にこんなに完璧な人間ではなく、もっと、もっと、愚かな人間になろう。
この世には、実際、それほど真剣に思い煩うことなど殆ど無いのだ。
もっと馬鹿になろう、もっと騒ごう、もっと不衛生に生きよう。
もっとたくさんのチャンスをつかみ、行ったことのない場所にももっともっとたくさん行こう。
もっとたくさんアイスクリームを食べ、お酒を飲み、豆はそんなに食べないでおこう。
もっと本当の厄介ごとを抱え込み、頭の中だけで想像する厄介ごとは出来る限り減らそう。
もう一度最初から人生をやり直せるなら、春はもっと早くから裸足になり、秋はもっと遅くまで裸足でいよう。
もっとたくさん冒険をし、もっとたくさんのメリーゴーランドに乗り、もっとたくさんの夕日を見て、もっとたくさんの子供たちと真剣に遊ぼう。
もう一度人生をやり直せるなら・・・・
だが、見ての通り、私はもうやり直しがきかない。
私たちは人生をあまりに厳格に考えすぎていないか?
自分に規制をひき、他人の目を気にして、起こりもしない未来を思い煩ってはクヨクヨ悩んだり、構えたり、落ち込んだり ・・・・
もっとリラックスしよう、もっとシンプルに生きよう、たまには馬鹿になったり、無鉄砲な事をして、人生に潤いや活気、情熱や楽しさを取り戻そう。
人生は完璧にはいかない、だからこそ、生きがいがある。

100.brandic.jp/issekiman